長崎 妻が夫を放置…保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕

カテゴリ:地域

夫の遺体を自宅に放置した死体遺棄の疑いで今月逮捕されていた68歳の妻が、23日、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕されました。

保護責任者遺棄致死の疑いで警察に再逮捕されたのは、長崎市十人町の無職の68歳の女です。警察によりますと、女は先月上旬から今月上旬まで夫(69)の遺体を自宅のアパートに放置した疑いがもたれています。警察は、夫が寝たきりとなり、自分1人で食事やトイレなどができない状態だったにも関わらず、医療機関への通報などを行わず放置したとして、妻を保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕しました。