JR長崎駅前の国道の一部が陥没 原因分からず

カテゴリ:地域

16日、長崎市のJR長崎駅前の国道の一部が陥没しているのが見つかりました。警察が一時、車の通行を規制し穴を埋める応急処置にあたり大きな混乱はありませんでした。

陥没が見つかったのは、長崎市のJR長崎駅前の国道202号線です。見つかった穴の大きさは縦30cm、横50cmとみられます。現場は、バス停の目の前で、警察が16日午後6時半から2時間にわたり車の通行を規制し、アスファルト入りの土のうで穴を埋めるなど応急処置にあたりました。交通に大きな混乱もなく、今のところけが人も確認されていません。今回の道路陥没の原因は分かっておらず、長崎振興局は17日夜、現場調査を行う予定です。