追悼 人間国宝 中島宏展

サガテレビ カテゴリ:地域

2018年3月に76歳で亡くなった青磁の人間国宝・中島宏さんの追悼展が佐賀県佐賀市で始まりました。

中島宏さんは佐賀県武雄市出身の陶芸家で、2007年に「青磁」で国の重要無形文化財保持者・人間国宝に認定されました。

会場の佐賀県立美術館には、白磁から始まった作陶初期の作品から半世紀かけて追及した「中島ブルー」「中島青磁」とも呼ばれる作品など約120点が展示され、その生涯をたどることができます。

「青瓷彫文壺」は晩年に体調が思わしくないなか力を振り絞って制作された作品です。

【訪れた人】「自然の中の生活を楽しんで、そして制作を続けてきた、そういうおおらかさとか豊かさとかそういうものをとても感じました。」

「追悼 人間国宝 中島宏展」は5月6日まで佐賀市の佐賀県立美術館で開かれています。