米粉を使ったスーパー給食で被災地児童を応援【熊本】

カテゴリ:地域

御船町の七滝中央小学校で21日、米粉を使った『スーパー給食』が振る舞われました。熊本地震で被災した地域の小学校を米粉を使った給食で応援しようと公益社団法人米穀安定供給確保支援機構が熊本ホテルキャッスルの協力を得て行ったもの。校区で取れた野菜を給食に活用するなど普段から食育活動に力を入れている同小学校を、現代の名工に選ばれている同ホテルの川上洋信中国料理総料理長が訪れ、102食分の給食を振る舞いました。『カニ肉入り冬瓜(とうがん)の米粉とろみスープ卵白仕立て』や豚肉を3時間蒸しあげた『豚肩ロースの米粉トロトロ蒸し』など四川料理を児童たちのためにアレンジしたスペシャルメニュー。児童たちは「〝スーパー〟だからとてもおいしい」と次々と口に運んでいました。