古楽に魅せられて…香川県

岡山放送 カテゴリ:地域

中世のヨーロッパで演奏されていた音楽を当時の楽器や演奏方法で

再現する古楽に魅せられた高松市出身の青年音楽家がいます。

古楽の魅力を伝えコンサートで被災者を支援しようと奔走している男性を取材しました。

高松市出身の柴田俊幸さん。

市内の高校を卒業後大阪の大学に進学しましたが、

アメリカのニューヨークに渡りフルート奏者の道を歩みました。

現在、ベルギーの王立音楽院研究員を務める

柴田さんはヨーロッパを中心に海外で活躍しています。

そんな柴田さんが4年前スランプに陥ったときに出会ったのが古楽でした。

古楽は中世で演奏されていた音楽を当時の楽器と演奏方法で再現するものです。

音量や音程などが発展途上だった音楽は

現代では癒しを与える音色として注目を集めています。

この魅力的な芸術を自分のふるさとの人に知ってもらおうと

柴田さんは2017年から高松市で古楽の演奏会を開催しています。

柴田さんが実行委員長を務める「たかまつ国際古楽祭」は3回目となる今年

2月14日からの公演を予定していますが、

今回は西日本豪雨の被災地を応援しようと倉敷市でのコンサートも計画しています。

被災地応援コンサートは2月16日倉敷公民館で開催され、

収益は被災者への義援金として寄附されることになっています。