箱根駅伝常連校・東洋大学が祐徳稲荷神社で必勝祈願

サガテレビ カテゴリ:地域

今年の箱根駅伝で往路優勝した東洋大学の陸上競技部が、鹿島市の祐徳稲荷神社で必勝を祈願した。

箱根駅伝で11年連続、3位以内に入賞し今年は往路優勝、総合で3位となった東洋大学陸上競技部。14日は、選手や監督20人が鹿島市の祐徳稲荷神社で今シーズンの飛躍を誓った。

鹿島市は陸上競技場とクロスカントリーコースが隣接し、練習環境が整っていることから8年前から箱根駅伝の出場校などを合宿に誘致している。

東洋大学陸上競技部相澤晃キャプテン「(鹿島市を訪れるのは)昨年に続き2回目なんですけど試合で頑張るための活力になっているので期待に応えられるように頑張っていきたいと思います」

東洋大学は20日まで合宿を行い、17日には鹿島市の陸上競技場でランニング教室を開く予定。