秋田県の佐竹知事 地上イージス配備に関し国に具体的説明を求め厳しく対応していく考え

秋田テレビ カテゴリ:地域

秋田県の6月議会は、27日一般質問が始まり、地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画について、秋田県の佐竹知事は今後も国に具体的な説明を求め、厳しく対応していく考えを改めて示した。

6月秋田県議会一般質問初日の27日は、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地となっている「イージス・アショア」を巡り、県の果たす役割や防衛省に対する姿勢について質問が相次いだ。この中で佐竹秋田県知事は小野寺防衛大臣との面会や住民説明会など、これまでの防衛省の対応について「十分な説明や回答がなされていない」との認識を改めて示した。また、防衛省の姿勢について、みらい会派の三浦英一議員が「配備計画ありきで住民の声に真摯に耳を傾けないやり方は米軍基地問題を抱える沖縄と同じだ」と批判した。これに対し、佐竹知事は「配備候補地となった自治体の長として果たすべき役割は新屋演習場が選定された理由や地域住民への影響などを問いただしていくことだ」として厳しい姿勢で防衛省に対応していく考えを強調した。県議会では29日に配備候補地となっている新屋演習場を視察する予定で、佐竹知事も視察に同行する。