間一髪で女性救出 鳥栖市の男性2人に感謝状

サガテレビ カテゴリ:地域

今年1月、鳥栖市で踏切を横断中に転倒した高齢の女性を見つけ間一髪で助け出した男性2人に警察から感謝状が贈られた。

感謝状が贈られたのはいずれも鳥栖市で団体職員・大塚光将さんと幼稚園職員・江頭史義さん。

2人は今年1月、鳥栖市桜町の踏切で列車の通過を車で待っていた際、踏切を横断中の87歳の女性が遮断機が降りてきたことに驚いて転倒したのを発見。すぐに駆け寄ると抱きかかえて助けだし、間一髪で無事だったという。

【大塚光将さん】「女性が倒れたのを見たときは頭が真っ白で動揺したが、体が動いたという感じ」

【江頭史義さん】「女性のもとに走っていって一緒に踏切の中から(助けた)。本当に命が助かったのが一番」

県警察本部の三田豪士本部長は「2人のとっさの行動が数十秒遅ければ命の危険があった」と2人の勇気ある行動を称えていた。