「反射材利用して目立って 」 秋の全国交通安全運動始まる 日が短くなるこの時期は注意を

カテゴリ:地域

21日から「秋の全国交通安全運動」がはじまり、静岡市駿河区で行われた出陣式には警察や市の職員、地域住民が参加し交通事故ゼロを誓いました。

秋の全国交通安全運動は30日までの10日間おこなわれ、日が短くなるこの時期、歩行者や自転車の交通事故防止などが重点目標です。

静岡市駿河区では警察や市の職員住民など約250人が出陣式に参加したあと、歩道で反射材の利用などを呼びかけました。

静岡南警察署 高松良一 地域交通官

「歩いている方、自転車は自発光式反射材を付けて目立ってただく。ドライバーは早めのライトオン、ハイビームの活用、早く歩行者・自転車を見つけるような環境で運転してもらうことが大切になります」

駿河区内では去年の4件に迫る3件の死亡事故が起きていて、警察は時間と心にゆとりを持つよう呼びかけています。