ねんりんピック富山 経済効果は110億円超

カテゴリ:地域

去年11月に県内で行われた健康と福祉の祭典「ねんりんピック富山」の経済効果が110億4600万円にのぼる事が分かりました。これは、14日開かれたねんりんピック富山の常任委員会で大会の会長を務めた石井知事が明らかにしたものです。大会は、去年11月3日から4日間県内全ての市町村で行われ、選手や監督、観覧者などを含めのべおよそ55万3300人が参加しました。宿泊費や交通費、土産代などの支出額は県外の参加者一人当たりおよそ11万8000円で、全てを含めると経済効果は110億4600万円となり、過去10年の大会の中で最も大きくなったことが報告されました、また、県外からの参加者に行ったアンケートでは、96.9%が、「富山にまた来たい」と回答していて、今後も経済効果や地域間の交流のひろがりが期待されます。この結果を受け石井知事は、「大会を一過性にせず、健康寿命日本一をめざし取り組みを加速させていきたい」と話していました。