海中旅行ができる船 次世代リゾート潜水船「シーバルーン」とは

富山テレビ カテゴリ:地域

富山テレビは海と日本プロジェクトを進めていますが、その海の世界で新しいチャレンジが進んでいます。

これは人間水槽にも見えますがバルーンの中でくつろぎながら海の中を観光できる次世代リゾート潜水船「シーバルーン」です。ダイビングができなくても夢のような「海中旅行」が出来る船。東京のベンチャー企業が開発し、来年末の完成を目指しています。ベンチャー企業、「オーシャンスパイラル」が最終設計に取り組んでいる「SEA BALLOON」です。海の上をクルーズする船と、深さ100mまで潜水可能な透明な球体部分からなります。バルーン内は5人乗り。1回最大30分の潜水航行が可能で、母船は最大50人の乗船が可能です。キーは球体部分。特殊潜水艇の技術を持つアメリカのトライトン社に製造を委託しました。シーバルーンの販売想定価格は一隻、約10億円。当然、世界の富豪がオーナー対象となりますが、オーシャンスパイラルは今日、大和ハウスグループの2社と提携を発表、顧客開拓やPR戦略を共同で進めます。

シーバルーンの完成予定は来年末。2021年にマレーシアやタヒチで運航が予定されています。オーナーとの協議で一般乗船も可能にする予定で3時間航海、30分潜水で500ドル前後。5万円。「海を日常に」と唱える

米澤社長はまだ33才。世界を放浪しているうちにこのアイデアを思いつき出資者や協力者をつのり起業したチャレンジャー。オーナーに名乗りをあげる方いらっしゃいませんかね。