虐待や外国人対応で 県警に専門課を新設

富山テレビ カテゴリ:地域

県警本部は児童虐待やドメスティックバイオレンスへの対応と、外国人による犯罪取締りを強化するため、新たに独立した専門の課を設けることを明らかにしました。県警本部よりますと新たに設けられるのは「少年女性安全課」と「国際捜査課」の2つです。このうち「少年女性安全課」は増え続ける児童虐待やストーカー被害などに対し、これまで複数の組織で対応していた体制を見直して専門の課を設けます。県警によりますと児童虐待やDV、ストーカーなどの件数は3年前と比べ4倍近くに増えていて、今後、よりスムーズな対応を目指すというものです。また「国際捜査課」は、外国人による「不法就労」や「薬物犯罪」などの取り締まりを強化することが大きな目的です。県警では来月の人事異動に合わせ、新体制をスタートすることにしています。