自民党総裁選 安倍・石破両候補が三重・津市で演説 それぞれが「地方創生」アピール

東海テレビ カテゴリ:国内

 自民党総裁選の演説会が三重県津市で開かれ、安倍総理と石破元幹事長がそれぞれ「地方創生」について党員にアピールしました。

安倍首相:

「観光も地方創生の起爆剤。三重県には世界遺産をはじめ素晴らしい観光資源がある。地方創生の原点にしていき活力の起爆剤にしたい」

石破氏:

「働く人の8割、経済の7割は地方が支えている。そこに伸ばす余地がたくさんある。地方の農林水産品を精一杯伸ばして地方から新しい日本を作りたい」

 津市で開かれた16日の演説会で、2人はともに「地方創生」を取り上げ、安倍首相はこれまでの実績を強調した一方、石破元幹事長は農水産品を伸ばすなどと自らの考えをアピールしました。

 このほか2人は、「憲法改正」や「防災対策」などについて持論を展開し、集まった党員に支持を呼びかけました。