菊池市の障害児支援事業所で虐待 別の児童や職員にパワハラも【熊本】

カテゴリ:地域

菊池市で障害児支援事業所を運営する一般社団法人『ジュニアサポート』の男性代表理事(57)が、施設を利用する男子児童に身体的虐待を行っていたことが分かりました。同市などによりますと、代表理事は去年6月、障害児のデイサービスを行う『ジュニアサポートしすい』で、男子児童が別の児童と口論となってコップを投げて割ったことに腹を立て、男子児童の顔を1回平手打ち。男子児童にけがはなく、代表理事はこの日のうちに保護者に謝罪したということです。通報を受けた同市は代表理事などに聞き取り調査を行った結果、平手打ちを『身体的虐待』と認定、別の児童やスタッフを怒鳴りつけるなどした威圧的な行為を『心理的虐待』と認定しました。TKUの取材に代表理事は「カッとなってやってしまった。再発防止に努めてたい」とコメント。同市は事業所に改善計画書を提出させ、指導を続けています。