来年度開通「高知南国道路」の五台山トンネルが開通 【高知】

来年度中に開通する予定の「高知南国道路」。高知ICと高知南ICを結ぶための五台山トンネルがついに貫通しました。

3日、貫通した「五台山トンネル」は高知市五台山から高須にまたがる区間です。このトンネルを通って高知南ICと高知ICを結ぶ「高知南国道路」は来年度中に開通予定となっています。

開通すれば高知市一宮から高知龍馬空港まで13分で行けるようになるほか、四万十町方面からも高速を降りずに東部自動車道を通って空港へ向かうことができるようになります。

総工費は20億円。去年1月から2年間の工事を経て貫通式が行われました。貫通を祝い式典で登場したのは御神酒の樽を担ぐ樽神輿(たるみこし)です。式典には国土交通省の関係者や地元の地権者ら90人が参列。工事に携わった代表者が最後の掘削が行われた場所を両端から歩き固い握手を交わしました。

トンネルを北側に抜けた先、高知市高須には新たに「高知中央IC」が設置されます。行先によって乗り口が異なる点に要注意です。高速に乗る場合は乗り口が大津バイパスからになりますが、空港に向かいたい場合は北環状線から乗ることになります。

また空港から高知中央ICまでは無料区間となります。「高知自動車道」と「空港へ向かう東部自動車道」をつなぐ「高知南国道路」は来年度中に完成予定です。