顔を黒く塗った子供が玄関先を叩きつける!?600年続く伝統行事『かせいどり打ち』【熊本】

カテゴリ:地域

熊本県山鹿市菊鹿町の阿佐古地区に伝わる伝統行事『かせいどり打ち』が14日、行われました。「かせいどり」は「どっさり稼いで祝いましょう」という意味で、毎年1月14日に行われる600年近く続く伝統行事。地域の五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈ります。互いに墨を塗り合って真っ黒な顔の子供たち『神の使い』となり、集落の約60世帯を回って【シメ縄】で力いっぱい玄関のあがりがまちをたたき「かせいどり、どっさりお祝いな」と大きな声で叫びます。集落の人たちは子供たちにお菓子や餅を渡し。受け取った魔除けのしめ縄を家の神棚などに飾るのです。子供たちは「緊張したけれど、【しめ縄】を強く打ち付けられてよかった」と興奮気味に話し、受け取った住民は「うれしい。今年も良いことがありますね」と満足げ。しかし、伝統行事もことし参加した子供は過去最低の6人。過疎化や少子化で存続も危ぶまれる中、地域の人たちは今後の行事のあり方を検討しています。