自動運転トラクターやドローンで最先端の農業を体感…県立高校で『スマート農業』の特別授業【熊本】

カテゴリ:地域

ロボットや情報通信技術を駆使した『スマート農業』を理解してもらおうと県立熊本農業高校で15日、特別授業が開かれました。運転者がハンドルから手を放した状態で畑を耕すトラクター、自動で農薬を散布する農業用ドローン…担い手の高齢化や労働力不足という課題を解決する切り札として注目されているスマート農業です。『本格的なスマート農林水産業推進元年』と位置づける県が企画した15日の授業で、農機具メーカーの担当者がICT(情報通信技術)を使った栽培システムなどについて講義。実習用の畑では自動運転トラクターなどの実演も行われ、体験した男子生徒は「曲がる距離もアラームで教えてくれるし、ハンドルも自動。本当に人手がいらない」とびっくりした表情。このほか生徒たちは精度の高いGPSデータで自動運転を行う田植え機などを実際に運転して、スマート農業の『今』を体感し、女子生徒は「いろいろな人に知ってもらって、よりよい農業ができれば」と話していました。