コクヨ、ぺんてる株を…『今後は敵対的な買い増ししない』

カテゴリ:ビジネス

文具最大手・コクヨの黒田英邦社長が会見で、今後は「ぺんてる」株を敵対的に買い増すことはしないと明言しました。

コクヨは去年、ぺんてるの過半数の株を取得して子会社にすることを目的に、敵対的買収を仕掛けました。

しかしぺんてるに友好的な文具大手の「プラス」も、コクヨの動きを阻止するために株式の買い付けを実施し、その結果、コクヨの保有割合は46%に留まりました。

黒田社長は会見で、今後のぺんてるとの関係についてこのように述べました。

【コクヨ・黒田英邦社長】

「(ぺんてるの)企業価値向上に対してどういう風に友好的に支援できるかとか若干、片思いのようなアプローチをしていこうと考えています」

また黒田社長は「今後は敵対的な株の買い増しはせず、業務提携に向けて良好な関係性の構築に力を入れたい」と述べました。