議員「検査態勢」に疑問の声 新型コロナウイルス 仙台市議会

カテゴリ:地域

仙台市は国や県と協議しながら態勢を整えていくとしています。国内でも感染が拡大する新型コロナウイルス。仙台市議会では、市の検査態勢について疑問の声が上がっています。

2月14日、開かれた仙台市議会・代表質問。

質問議員3人すべてが質問したのが、感染が拡大している新型コロナウイルスにおける市の検査態勢でした。

仙台市は新型ウイルスの検査について、渡航歴など条件にあった患者に対しては衛生研究所で行うとしていますが、それ以外の患者については医師と協議して決めるとしています。

鈴木広康 議員

「患者が発生という前に何かしらの対応が、今後必要な状況になっていると思うが、それの踏み込んだ現状を再度答弁いただきたい」

これに対し市は、県や国と協議しながら対応を決めていくと答えました。

仙台市健康福祉局長

「私ども衛生研究所で検査をしているが、仮にそこだけの対応で難しいとなれば、宮城県、あるいは国と協議をしながら適切な検査態勢を確保していく」

これについて郡市長は情報提供の重要性を話すにとどまりました。

仙台市 郡 市長

「市民に少しでも安心して適切な対応を取るよう、正確な情報を把握し、一刻も早く提供するのが重要と認識する」