「行列できて良かった」大洲農業高校の生徒が考案のおむすびを販売【愛媛】

カテゴリ:地域

大洲農業高校の生徒が地元の食材を使ったおむすびを考案。県庁で14日に販売し約1時間で完売しました。

高校生「ありがとうございます」

レンコンが添えられたおむすびの中には、生姜の味がきいた素朴な味わいの豚の角煮が詰まっています。

このおむすびは県が企画したプロジェクトの一環で、大洲農業高校・食品デザイン科の生徒たちが、地元特産の野菜や豚肉を具材に考案しました。

県庁では生徒たちが、しいたけの味噌焼きや豚の角煮を具にした3色おむすびのセット100セットを販売。お昼時の県職員らが行列を作って買い求めていました。

大洲農業高校食品デザイン科・河野愛さん(3年)「お客さんも来てくれるかなと思ったが行列ができてとてもよかった。このおむすびが下の後輩にもつながって、愛媛県だけでなく全国に広がるようにしてほしい」

おむすびは約1時間で完売。県は商品化を検討したいとしています。