大人のたしなみに挑戦!園児がテーブルマナーを学ぶ 秋田・にかほ市

カテゴリ:地域

 園児たちが大人のたしなみに挑戦した。14日 秋田県にかほ市のホテルでテーブルマナー教室が開かれ、こども園の園児たちが作法を学びながらコース料理を楽しんだ。

 にかほ市のホテルエクセルキクスイでは、幼いころからマナーに親しみ食事を楽しんでもらおうと、毎年 テーブルマナー教室を開いている。14日は認定こども園仁賀保の年長組の園児18人が参加した。

 先生はホテルのスタッフ。ナイフとフォークの使う順番や動かし方テーブルでの作法を教わった。

 初めに出されたのは「ホタテ貝柱と小エビのサラダ仕立て」。ナイフとフォークを駆使して上手に料理を口に運んだ。

 そして、いよいよ待ちに待ったメインディッシュ。今回のメインは子どもたちの大好きなハンバーグ。秋田由利牛と八幡平ポークを使ったこだわりの一品だ。慣れないナイフとフォークに苦戦しながらもしっかりと一口大に切り分けおいしそうにほおばっていた。

 参加した男の子は「ハンバーグステーキがおいしかった」「ドキドキした」と楽しそうに振り返った。女の子は「食事会は楽しかった。ナイフとフォークを使ってみてナイフとフォークのほうが箸より簡単だった」と感想を話した。

 指導にあたったホテルエクセルキクスイの高橋進さんは「一生懸命やってくれて私も楽しかった。小学校・中学校に上がっても一つでもきょうやったことを覚えていて役に立ててもらえれば」と目を細めていた。

 小学校入学を前に大人のたしなみを体験した園児たち。紳士・淑女に少し近づいたようだった。