今治にバンクシー出現? 事務所の外壁に「らしき絵」実は…【愛媛】 

カテゴリ:地域

まさか愛媛に出現?今治市に正体不明の世界的レジェンド画家・「バンクシー」の作品とそっくりな絵があるという情報が届きました。そんなことがあるのか…調査に行ってきました。

正本健太キャスター「さぁ、今治市にやってきました。こちらにバンクシーらしきものがあるというふうに伺ったんですけれども、情報提供を受けたんですが、情報提供の方ですかね。こんにちは。お名前は?」

情報提供者・田中美咲さん「田中美咲と申します。よろしくお願いします」

今、世界で注目される正体不明の画家・バンクシー。そのレジェンドの作品に似ている絵があったのは今治市国分の事務所の外壁フェンスです。

デザインはねずみ。確かにバンクシーらしき特徴が出ています。

田中さん「たまたま止まった時にあれ、バンクシーじゃないと思ってちょっと気になったんで」

正本キャスター「ちょっと待ってくださいよ。あ、これか!あ、本当だ」

周辺には、携帯電話で写真を撮るお年寄りの女性も。しかし…

お年寄りの女性「私も撮っとこと思って。ん?なんとも言えませんけどね、(本物と)違うんじゃないかな?」

早速事務所に聞き込んで情報を集めることに…

正本キャスター「こんにちは。すみません。ちょっとよろしいですか。あ、会社の担当者の方?」

聞き込みに応じてくれたのは唐子工芸の上田将平取締役部長。早速、バンクシーらしき作品の所に来てもらいました。

そして、その会社員の口から驚きの発言が…。

上田さん「…作りました」

正本キャスター「なんでバンクシーの絵を?」

上田さん「そうですね。今年ちょうど子年というのがあったのと、海外の方がパッとみてわかるような物をって思った時にふと頭の中でバンクシーが思い浮かびまして」

唐子工芸は看板の制作会社。絵はバンクシーの作品を参考にして作ったオリジナルシールでした。子年のねずみにパレットと筆をもたせたデザインで、会社をPRする目的だったといいます。

正本キャスター「SNSとかでも話題になったりとかするんじゃないんですか?」上田さん「これを貼ったのが1月7日あたりなんですけど、きょうこう訪ねていただいてるまでの期間、一切バズっておりません」

唐子工芸はこの絵が注目され、地元住民や今治がにぎやかになることを願っています。

さらに上田さんは…

上田さん「あと本物が来てくれたらいいかなと」

正本キャスター「バンクシーさん、ぜひお待ちしております」