新型コロナウイルスの電話相談窓口を設置 鹿児島

カテゴリ:話題

新型コロナウイルスへの不安が広がる中、海外からの帰国者を対象とした電話相談窓口が県内の保健所に設置されました。

県内の保健所24カ所に設置された「帰国者・接触者相談センター」。

37.5℃以上の発熱やせきなどの症状があり、発症前の14日以内に中国・湖北省に渡航・居住していた人、または、そのような人と接触した人が対象です。

鹿児島市内に住む人は各支所や保健センターに、鹿児島市以外の人は最寄りの保健所にそれぞれ電話してから、医療機関の紹介や受診手順の調整が行われます。

相談窓口の受付は平日の午前8時半から午後5時15分までで、夜間休日でも代表電話番号などで受け付けています。