愛媛大入試最終志願倍率 前期2.5倍 後期9.7倍に【愛媛】

カテゴリ:地域

愛媛大学の一般入試の最終志願倍率が発表されました。前期は去年と同じ2.5倍、後期は去年より低い9.7倍となりました。

愛媛大学によりますと前期日程には、7学部1081人の募集に対して2680人が志願し倍率は2.5倍で去年と同じとなりました。

後期日程は234人の募集に対して2269人が志願し、倍率は9.7倍で去年より0.9ポイント低くなりました。

前期の学部別では社会共創学部、理学部、医学部、農学部で去年より倍率が高くなりました。

愛媛大学の一般入試は前期は今月25日から後期は来月12日からそれぞれ行われます。

前期日程の各学部の倍率が下記の通りです。

倍率法文学部2.4倍(-0.8)

教育学部2.1倍(-0.1)

社会共創学部3.9倍(+0.7)

理学部2.1倍(+0.2)

医学部5.7倍(+1.5)

工学部1.8倍(-0.3)

農学部1.9倍(+0.1)