春の新入学・進級シーズン 名前の入った鉛筆を

カテゴリ:話題

春の新入学、進級シーズンを前に、富山市の文具店では新1年生などに贈る鉛筆に名前を彫る作業がピークを迎えています。

富山市のSETO大泉店では、お祝い用の鉛筆に名前を彫るサービスをしています。注文は、この時期ピークを迎えていて、14日朝も従業員が鉛筆を機械にセットし注文を受けた名前をひらがなで1本ずつ刻印する作業に追われていました。卒園の記念にと、幼稚園や保育園からのまとまった注文のほか、入学、進級のお祝いにと祖父母や友人から注文が入るということです。

SETO大泉店 能村奈央さん「自分の名前が彫ってあるとうれしいと思うので、勉強もはかどって、頑張って欲しい」

作業のピークは、来月いっぱいまで続きます。