村をあげて高級食材「チョウザメ」を特産品に! 料理コンテストを開催 グランプリは…? 

カテゴリ:地域

 長野県豊丘村で進む新たな特産品作りです。その特産品とは高級食材の「キャビア」で知られる淡水魚の「チョウザメ」で、先日、料理コンテストも開かれました。グランプリに選ばれた料理とは…?

 地元の野菜をふんだんに使ったテリーヌに綺麗に飾られた料理も…。これらの料理に使われているのは、「チョウザメ」です。

 チョウザメといえば、卵を塩漬けにした世界三大珍味の1つ、「キャビア」で有名ですが、身のほうも高級食材として使われ、「栄養価が高い」といわれています。

チョウザメ養殖振興プロジェクト・片桐久典さん:

「南信州広域の特産品というところまで、育てたいかなという思いで」

 豊丘村は、高級食材「マツタケ」の産地ですが、収穫できるのは秋だけ。そこで村の有志でつくる養殖プロジェクトが、「年間を通して提供できる特産品作り」にと考えたのが、「チョウザメ」でした。

チョウザメ養殖振興プロジェクト・片桐久典さん:

「安定した食材で、特別な高級食品を豊丘村のものにして、2大特産品に育てたい」

 チョウザメの養殖は、低温で水がきれいな場所が適していて、村内では去年から進められています。その一環で、おととい、チョウザメを使った「料理コンテスト」が開かれました。地元の料理店11組が参加し、工夫を凝らした料理が並びました。

 「チョウザメの低温ロースト」に「フキノトウのグラタンと市田柿のソース」そして「チョウザメのヤーコン揚焼き黒酢ソース添」など…

 訪れた住民たちも料理の見た目で審査を行ったほか、コンテストの料理とは別に、チョウザメのフライや刺身などを試食しました。

試食した人:

「おいしいです」

「白身魚っていう感じで軟骨がぷりぷりしておいしいです」

「おいしいですね。フグに似たような感覚がして」

 さて11品の中からグランプリに選ばれたのは…。ジビエ料理店のオーナー、片町元彦さんが考えた「ナポレオンバーガー」です。B級グルメ感や手ごろな価格で提供できそうな点などが評価されました。

星野屋・片町元彦代表:

「お子さまからお年寄りの方まで、片手で食べていただける身近なものから始めたいなと思い、このような形で。今後、普及にむけてしっかりとみんなで、チーム一丸となって取り組んでいきたい」

 チョウザメが出荷できるようになるのはまだ数年先ですが、新たな特産品作りに動き出した豊丘村。

 来月8日の「とよおかマルシェ」で、ナポレオンバーガーの試食会も行われるということです。