年間約300匹が殺処分 知ってほしい「保護ネコの現状」〈仙台〉

カテゴリ:地域

仙台市で行われている写真展の作品です。リラックスしたネコの様子を写したものですが、いずれも仙台市に保護され、譲渡された、いわゆる譲渡ネコです。仙台市では年間およそ300匹のネコが殺処分されていて、こうした譲渡事業への理解を深めてもらおうと写真展は開かれました。

高橋咲良アナウンサー

「譲渡猫を多くの人に知ってもらおうと、写真展は市役所1階のギャラリーホールで行われています」

写っているのは、仙台市の動物管理センター・アニパル仙台に保護された後、新たな家族に迎えられた譲渡ネコたち。

幸せそうな様子が写真からも伝わってきます。

これは、仙台市で1年間に保護されたネコの数です。

獣医師会が飼い主のいないネコへの去勢や不妊手術に取り組んでいることもあり、徐々に減ってきています。

一方、保護されたネコのうち、譲渡されたネコの数はほぼ横ばいで、昨年度も300匹近いネコが殺処分されました。

高橋咲良アナウンサー

「ネコの鳴き声がたくさん聞こえますけれども・・この部屋には現在、何匹のネコが?」

アニパル仙台 石川佳苗 所長

「成猫が6匹、子猫が1匹の計7匹です」

宮城野区にあるアニパル仙台です。飼い主のいないイヌやネコを保護しています。

保護されたネコは獣医の診察を受け、性格など人と暮らしていけるかを総合的に判断して、譲渡対象となります。

アニパル仙台から譲渡された、たまさぶろうくんです。

飼い主は、保護された子ネコを一時預かるボランティアをしている谷麻衣子さん。

たまさぶろうくんも子ネコのときに預かっていましたが、目に疾患があり中々引き取り手が見つからなかったのと、優しく穏やかな性格にひかれ、引き取ることを決めました。

谷麻衣子さん

「私はたくさんのネコを預かる立場でもあって、もしかして外で死んでしまっていたかもしれない、ご飯を食べるのも難しかったかもしれない子たちが、誰かが里親になってくださることで、幸せになってる姿を見るのが幸せ」

たまさぶろうくんのように無事、譲渡されるネコもいれば、重い病気を患っていたり施設の受け入れ上限を超えたりして、殺処分となってしまうネコもいます。

昨年度の仙台市では、譲渡は287匹、殺処分は279匹とほぼ同数でした。

こうした状況を改善しようと、今年4月、仙台市では人とネコがともに暮らす社会を目指した新たな条例が施行されます。

アニパル仙台 石川佳苗 所長

「殺処分の数が依然減らないのと、地域において、フン・尿や鳴き声などの公衆衛生に関する問題も非常に多く発生していて、困っている方々もたくさんいる」

条例ではネコの飼い主に対し、屋内飼育の徹底や、飼いネコへの去勢や不妊手術の実施も求めています。

アニパル仙台 石川佳苗 所長

「望まれない命が生まれないようにすることが、結局は処分する数を減らすことにつながる」

人とネコが幸せに暮らすために。さまざまな努力が重ねられています。