「多いのはパワハラ行為」連合広島が労働トラブル電話相談

カテゴリ:地域

パワハラや長時間労働など労働環境のトラブルに関する無料の電話相談が、13日から全国一斉に行われています。

連合広島は労働者の悩みに電話で応じる無料の労働相談ホットラインを開設し、労働問題に詳しい弁護士やアドバイザーが幅広い悩みに対応しています。

「今度失敗したら配置を換える」、「『明日から来なくていいよ』と勤務先から突然クビを宣告された」などパワハラの相談が最も多く、派遣社員の雇用をめぐる相談も増えています。

きょうも職場における人間関係の悩みや派遣の雇用打ち切りなどの相談が寄せられました。

【連合広島・長田誠一副事務局長】

「職場での人間関係のトラブルとか多くの相談をいただいております。ぜひいろんな相談をいただければと思います」

電話相談は、13日と14日の午前10時から午後7時まで、県南部・西部と東部、それぞれご覧の番号で受け付けています。