東京オリンピック空手代表 西村拳選手 母校で激励会 宮崎市

カテゴリ:地域

東京オリンピック開幕まで あと162日。

オリンピックでの活躍を願い後輩たちが先輩に熱いエールです。

東京オリンピック空手の日本代表に確定している西村 拳選手が宮崎市の母校を訪れ後輩たちに金メダル獲得を約束しました。

宮崎市の母校の空手道部員などが迎えるなか登場したのは、東京オリンピック空手男子組手75キロ級での出場が内定している西村 拳選手。

およそ1000人の生徒が参加して激励会が行われました。

福岡県出身の西村選手は高校時代の3年間をこの学校の空手道部で過ごし、インターハイで組手団体・個人の2冠に輝くなど活躍を見せました。

激励会では生徒を代表して空手道部主将の吉川 騎士さんが「西村先輩がメダルを勝ち取ることを宮崎から応援しています」と激励のことばを贈りました。

後輩の熱いエールに西村選手は・・・。

(西村選手)

「夢に挑戦できる権利を持っているのは本当に幸せなことだと思うので、プレッシャーもありますがそのプレッシャーに打ち勝って東京オリンピックの舞台で必ず金メダルをとります。」

西村選手を3年間指導した図師 幸一監督も教え子の活躍に期待を寄せます。

(宮崎第一中学高等学校 空手道部 図師 幸一監督)

「勝ち負けがある以上勝たなければいけないという信念がありますから、しかも日本でオリンピックがありますからみんなが応援すれば燃えますからあの子は。」

西村選手は、後輩たちの激励にオリンピックに懸ける決意を新たにしていました。

(西村選手)

「宮崎の皆様の応援に応えられるように今後も頑張っていきたいと思います。」

(空手道部)

「西村先輩頑張って下さい。」

東京オリンピック空手男子組手で金メダルを目指す西村 拳選手の決戦は8月7日です。