日本人乗客ら乗せたクルーズ客船が長崎に寄港 感染者の報告はなし

カテゴリ:地域

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、台湾から受け入れを拒否されたクルーズ客船が13日、長崎に入港しました。

13日朝、長崎港に姿を見せたのは日本のクルーズ会社が運航している客船「ぱしふぃっく びいなす」です。

乗客248人のほとんどが日本人で、日本人やフィリピン人などの乗員197人も乗っています。

着岸したあと、検疫官とみられる人たちが防護服を身に着けて船内に入っていきました。

KTN記者 「乗客100人以上いる客船が長崎港に入るのは22日ぶりです。新型肺炎の影響で中国、台湾に寄港できず急遽、長崎にやってきました」

この船は先月16日に横浜を出港し、約1ヵ月かけて中国や台湾、東南アジアを周遊する予定でした。

しかし、新型コロナウイルスの感染が広がっていることを受けて、中国への寄港を中止し、台湾に変更していました。

しかし台湾が外国のクルーズ客船の受け入れを禁止したため、急遽、寄港地を長崎に変更したということです。

長崎港湾漁港事務所によりますと、今のところ船内に感染者がいるという報告はなく、乗客たちは観光などに出かけていきました。

船は長崎港に1泊し、14日午後5時に神戸に向けて出港する予定です。

(13日午後0時現在)