焼酎販路拡大へ フランスのソムリエらを鹿児島に招待

カテゴリ:地域

本格焼酎の海外での消費拡大を目指して、九州経済産業局などがフランスで活躍するソムリエらを鹿児島に招きました。

今回招かれたのは星付きレストランなどの第一線で活躍するソムリエや、卸売業者など10人です。

一行は県内3つの蔵元の視察や九州の50銘柄の焼酎を試飲したうえで、この日は鹿児島市の仙巌園で、島津家の歴史を学びながら庭園を見学しました。

九州経済産業局の担当者は、こうした活動を通じて焼酎の背景にある文化を含めて知ってもらい、海外での消費拡大を目指したいとしています。