春のセンバツ出場・磐城高校野球部が地域の子どもたちと野球で交流 <福島県>

カテゴリ:地域

春のセンバツに出場する福島県の磐城高校野球部が地域の子ども達と野球などで交流した。

磐城高校野球部は、子どもたちに野球に親しんでもらおうと2019年の春から毎月2回のペースで地元の小学生と交流する時間を設けている。

磐城高校野球部・木村保監督「交流・指導を通しての喜びや嬉しさっていうのをそういったものを体感して人として成長できるかな」

子どもたちは、選抜出場を決めた憧れの野球部員からアドバイスを受けてミニゲームを楽しんだ。

参加した子ども:「指導でホームラン打てるようになった。磐城高校に入ってみたいです」

磐城高校野球部・沖政宗選手:「ご支援頂いている方がいるからこそ、僕達は野球出来ているので、本当にそういう方々だったり、子どもたちにも感謝しながら甲子園で本気で戦っていきたいなと思っています」

磐城高校は3月19日に開幕する春の選抜甲子園に向けて調整を重ねる。