【お天気図鑑】富士山にカサ?天気のサイン

山梨県の朝霧高原で、あらさんが12日午後2時頃に撮影された「富士山の笠雲」です。

周りは青空が広がっているのに、富士山の上だけに雲がかかっています。

名前の通り、笠をかぶっているみたいですね。

あらさんは東京から車で大阪へ帰る途中で朝霧高原に立ち寄り、この笠雲を発見したということです。

上空に強い西風が吹くと発生しやすくなり、笠雲が見えるということは天気が下り坂というサインなんです。

見つけたら天気が崩れるサインと覚えておいてください。