順天堂大学陸上部が小学生に陸上教室【佐賀県鹿島市】

カテゴリ:地域

9年連続で箱根駅伝に出場している強豪・順天堂大学陸上競技部が、鹿島市で小学生に陸上教室を開きました。

今月8日から鹿島市で合宿をしている順天堂大学陸上競技部。12日は合宿の一環として選手23人が明倫小学校6年生約70人を指導。児童は、速く走るためのフォームを教えてもらったあとリレーを楽しみました。

男の子:「走って楽しいと感じました」

順天堂大学陸上競技部 清水颯大キャプテン:「小学生たちとランニングして最初(走るのが)嫌だった子とかいたんですけど、それでも楽しくみんなやっていて自分たちも楽しくできてよかった」

合宿は13日までで、選手は来月東京で開かれる立川シティハーフマラソンに臨みます。