御嶽海「弱い。それだけ。強くすればいい」 三役復帰目指すも…初の“2場所連続の負け越し”

カテゴリ:地域

 大相撲です。初場所で三役復帰を目指した御嶽海ですが、結果は7勝8敗。2場所連続の負け越しに終わり、「弱い。もっと稽古をしなければ」と悔しさをにじませました。

 初めての2場所連続の負け越しに、御嶽海は…。

御嶽海:

「弱い。それだけ。強くすればいい話」

 九州場所で6勝9敗に終わり、3年ぶりに平幕に落ちた御嶽海。場所前に「暴れたい」と闘志を見せ、三役復帰を目指しましたが、初日に朝乃山に敗れると、左ひざに痛みが出た影響もあってか、勝ち星を増やせず。12日目からは黒星が続き、千秋楽は、初優勝を諦めない正代に圧倒されました。

御嶽海:

「勝ちたいという気持ちはあった。でもそれを勝る正代の気持ちと体があったので、今の自分では太刀打ちできなかった」

 今場所は2横綱が休場し、幕尻優勝を飾った徳勝龍や優勝争いをした正代など、同じ平幕が活躍しました。

御嶽海:

「誰が優勝してもおかしくないんだなと。チャンスは転がっているので、また優勝できればと思う。稽古をするのみだと思うので、基礎(稽古)をもっと増やして、相撲に集中しないといけない」

 再び輝きを取り戻せるか。三役復帰を目指す大阪場所は3月8日に初日を迎えます。