地魚カンパチバーガーおいしいよ!給食に登場 種子島・南種子町

カテゴリ:地域

南種子町の小学生が、給食で地元でとれた魚を使ったハンバーガーを味わいました。

地元産の魚のハンバーガーが出されたのは、南種子町の西野小学校です。

使われているのは、種子島近海でとれた今が旬のカンパチのフライと町内産のキャベツやニンジンです。

子どもたちは、「すごくおいしい。お母さんも作ってみればとすすめたい」と話していました。

また、漁師の長田昭二郎さんは「魚がおいしいと知ってもらえるのが一番」と話していました。

県教育委員会などの主催で、今週は「鹿児島をまるごと味わう学校給食週間」となっていて、県内の多くの小中学校で、同じように地元産の農産物を使った特別メニューが提供されています。