県内初 薩摩川内市周辺の沖合に洋上風力発電の計画

カテゴリ:ワールド

薩摩川内市周辺の沖合に東京の外資系企業が洋上風力発電所の建設を計画していることが分かりました。

洋上風力発電所の建設を計画しているのは、東京の外資系企業で、再生可能エネルギーを取り扱うアカシア・リニューアブルズです。

アカシア・リニューアブルズは現在、事業による環境影響評価いわゆる環境アセスメントの準備を進めていて、その概要を会社のホームページや県庁などで公表しています。

それによりますと洋上風力発電所の建設エリアは、薩摩川内市や阿久根市、いちき串木野市の沖合約395平方キロメートルの海域で、最大で75基の風力発電機を設置し、最大出力を60万キロワットと想定しています。

現場の風速や海底の地質状況から建設エリアを選定したということで県内で洋上風力発電の計画が持ち上がるのは初めてです。

アカシア社では去年の春ごろから地元の自治体や漁協との協議を始めていて、今後、環境アセスメントなどを実施した上で2024年の着工を目指すとしています。