水素社会の実現も スマートシティ構築へ協定 静岡・御殿場市

御殿場市とトヨタの販売店などが、スマートシティの構築へ協定を結びました。

協定を結んだのは、御殿場市と静岡県内の9つのトヨタグループの販売店です。

災害時に販売店が電気自動車で避難場所に電源を供給するほか、ICTを活用したスマートシティの構築に向け連携します。

若林洋平市長 「特に水素社会など、新しい技術が御殿場市からスタートできるというのは、非常に市民の皆さんにとって誇りになるのでは」

また、東名御殿場インター付近に建設中の水素ステーションも活用し、水素社会の実現も目指すということです。