奈良の女子高校生を誘拐の疑い 男女3人を逮捕「保護したことにして通報」

カテゴリ:地域

今月9日から行方が分からなくなっていた奈良県の16歳の女子高生が無事保護され、男女3人が逮捕されました。

今月9日、奈良県に住む女子高生(16)は、奈良県葛城市の病院を受診し、付き添いの友人に「自分の幸せは自分で見つける」といった趣旨の手紙を渡した後、行方が分からなくなっていました。

16日午前9時半すぎ、東大阪市内の住宅から男(30)が「女子高生を保護している」と通報し、警察が駆けつけて無事保護しました。

女子高生にけがはありませんでした。

警察は通報した男(30)と女子高生の姉(21)ら3人を未成年者誘拐の容疑で逮捕しました。

男は「見つかったら大変なことになると思い、保護したことにして通報しようと思った」と容疑を認めていて、警察は詳しい経緯などを調べています。