経営不振で民間に 森の国ロッジが3月に再オープン ホテルは来年度【愛媛・松野町】

カテゴリ:地域

松野町が民間会社に譲渡した滑床渓谷の「森の国ロッジ」は、来年3月再オープンすることになりました。

松野町の滑床渓谷にある森の国ホテルと森の国ロッジは赤字経営が続いたため、去年に入り休業したあと広島県福山市のホテル運営会社サン・クレアに譲渡されていました。

サン・クレアと松野町は去年12月の会見で、このうち森の国ロッジを「四万十川源流、森の国『水際のロッジ』」として、3月20日に再オープンすると発表しました。

ロッジは全10室を洋室に改装し、キャニオニングや野菜の収穫などが体験できる宿泊プランを用意。ピザ窯を備えたレストランでは地元食材を使った食事が楽しめるということです。

松野町・坂本浩町長「これでまた滑床に新しい流れが来ると思います」

また森の国ホテルについては、来年度中のオープンを目指すということです。