天空のまちは1週間遅れ 大野ヶ原小学校で3学期スタート【愛媛・西予市】

カテゴリ:地域

寒さが厳しい天空のまちでやっと3学期がスタート。西予市野村町の大野ヶ原小学校では16日、児童たちが元気に登校しました。

銀世界が一面に広がるのは標高1200メートル付近の大野ヶ原高原。午前7時過ぎの気温が氷点下2度という寒さのなか、登校する児童の姿がありました。

登校する児童「ワクワクしている。久しぶりに学校のみんなに会えるから」

大野ヶ原小学校は16日が3学期の始業式。冬の寒さが厳しいため一般の学校より1週間ほど遅いスタートです。全校児童は女子だけの9人。まず校舎の中の掃除や雪かきをしたあと始業式に臨みました。

6年生児童「私の新年の誓いは『一期一会』です。一期一会とは1回1回の出会いを大切にしようという意味です」

4年生児童「私の今年の目標は『誠心誠意』です。真心こめて一生懸命することです」

児童たちは書き初めした新年の誓いや目標を1人ずつ発表し、締めくくりの3学期をスタートさせていました。