袴田事件 特別基準恩赦を出願 弁護団「手段は全部尽くす」

カテゴリ:地域

いわゆる袴田事件を巡り、弁護団は15日袴田巌元被告の刑の執行の免除を求める恩赦の願書を静岡地検に提出しました。

袴田元被告は2014年3月に静岡地裁の再審開始の決定により釈放されていますが、おととし東京高裁が決定を取り消したため弁護団は最高裁に申し立てていて、再審請求が続いています。

去年10月政府が即位礼正殿の儀に合わせ、特別基準恩赦の実施を閣議決定したことから、弁護団は刑の執行の免除を求め、きのう地検に願書を出しました。

白山聖浩弁護士

「袴田さんの再収監を許さないための手段は全部尽くす、という意味で常時恩赦も特別恩赦も両方やっていく」

袴田元被告の恩赦の出願は常に出願できる常時恩赦とあわせて、これが4回目となります。