同僚女性のペットボトルに「尿」入れる 45歳の男を逮捕 静岡県警

カテゴリ:地域

同僚の31歳の女性のペットボトルに自らの尿を入れた疑いで、45歳の会社員の男が逮捕されました。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、静岡市駿河区に住む45歳の会社員の男です。

男は、去年11月、勤務する清水区の会社で同僚の31歳の女性の飲料水が入ったペットボトルのなかに自らの尿を入れた疑いが持たれています。

女性から「ペットボトルに異物が混入されている」との申告があり発覚し、その後の捜査で、警察は男の犯行と特定し逮捕しました。

調べに対し、男は容疑を認めているということで、警察は、動機などについて追及する方針です。