拳銃を保管庫にしまい忘れ 男性巡査部長を本部長注意【愛媛】

カテゴリ:地域

県警の男性巡査部長が拳銃を保管庫にしまい忘れ、本部長注意処分を受けていたことがわかりました。

本部長注意処分を受けたのは、県内の警察署に勤務する男性巡査部長です。県警監察官室によりますと、男性巡査部長は去年11月上旬に保管庫に拳銃と実弾をしまい忘れ、ロッカーに入れたまま帰宅しました。

署内を点検していた署員が保管庫に拳銃がないことに気づき、約1時間半後に拳銃は保管庫に戻されたということです。

県警監察官室は「事案を重く受け止め引き続き指導、教養を徹底し再発防止に努めます」としています。