【ただいま天気 1/14 】受験シーズン インフルエンザピークはこれから?

カテゴリ:暮らし

片山美紀気象予報士

14日の静岡県では、午前中は青空が見られましたが、午後からは雲が広がっていました。天気は下り坂で、夜にかけて本州の南を低気圧が通過し、県内付近も雨雲の通り道になります。

【明け方まで雨・雪 路面の凍結に注意】

遅い時間帯になると、西の方から雨雲が広がり始め、上空には冷たい空気も入ってきていますので、標高の高い所は雪やみぞれとなる可能性があります。静岡県内の広い範囲で雪となることはないでしょうが、路面の凍結には注意をしてください。この雨は明け方くらいまで続く見込みですが、朝には止むでしょう。

【週末にかけては お天気下り坂】

15日は、通勤・通学の時間帯には、晴れ間が戻ってきそうです。日中は、やや西寄りの風が強く吹きそうです。しかし週末は、再び天気が崩れそうです。

さて、今週末はセンター試験ですが、天気だけでなく、さらに気になるのが「インフルエンザ」。まずは現在の流行状況、チェックしてみましょう。

【インフルエンザ 流行のピークは?】

12月29日までの、1医療機関の患者数は17.55人。グラフを見ても右肩上がりに流行が進んでいるのがわかります。しかし、1月に入ってからは10.07人と、少し増え方が減っています。ただ、ピークはこれから。引き続き注意が必要です。

以前、ただいま天気のコーナーでも、お茶がインフルエンザ予防に効果的とお伝えしましたが、それだけではありません。

【インフルエンザ予防には・・・】

ビタミンDがインフルエンザ予防に効果的ですが、ビタミンDを増やす3つの方法がこちら。

もっとも大切なのが「日光浴」。体内のビタミンDの9割が日を浴びることで作られます。仕事や勉強の合間など、できれば1日30分以上の散歩がオススメです。

また、サケやイワシ、しいたけなどに多く含まれるので食事やサプリメントを効率的にとるのも良いですね。

日中外を歩いて、一息リフレッシュしながら学生さんたちには、この受験シーズンを元気に乗り切ってほしいですね。