「住宅地との距離考慮」も「安全性は高い」 防衛相がハワイの地上イージス実験施設を視察

カテゴリ:地域

 河野防衛相は日本時間の14日未明、米・ハワイの地上配備型ミサイル迎撃システムイージス・アショアの実験施設を視察した。

 12日から訪米中の河野防衛相は日本時間の14日未明、米ハワイ・カウアイ島にある米軍のイージス・アショアの実験施設を視察。

 「米軍からテスト状況などを確認した」とした上で、防衛相は「安全性に関して問題がないということの説明を受けた。現在もレーダー施設の前に立っているが、音も静か。このイージス・アショアを活用して北朝鮮のミサイルの脅威からしっかりと日本を守っていくそういう非常に重要な施設と考えている」と述べた。

 また防衛相は、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を含む20カ所の再調査について「住宅地との距離を考慮する」としている一方で、「ハワイは非常に近いところに保育施設が設けられているが安全性に問題はない。住宅地との距離は重要な考慮要素だと思うが、イージス・アショアは非常に安全性は高いものがあると考えている」として、安全性を強調した。

 なお、日本のイージス・アショアは米軍で使用されているものとは異なる、新型のレーダーが採用される予定。