“王国復活へ”劇的な逆転勝利 静岡学園が初の単独優勝 全国高校サッカー選手権

カテゴリ:地域

4038校の頂点へ。

全国高校サッカー選手権の決勝戦が行われ、静岡学園が青森山田との熱戦を制し、初の単独優勝を飾りました。

24大会ぶりの優勝をめざす静岡学園。

決勝の相手は去年の優勝校・青森山田です。

静岡市役所ではパブリックビューイングが開かれ、市民が応援に駆けつけました。

しかし、開始早々静学はピンチを迎えます。

前半11分、青森山田がフリーキックから最後は頭で合わせ先制。

静学は今大会初めて失点します。

さらにPKで追加点を奪われますが、前半ロスタイム。

中谷選手がこぼれ球をダイレクトであわせ1点を返します。

さらに後半16分、草柳選手のパスから、最後は加納選手がゴール左隅に決め、試合を振り出しに戻します。

そして、終了間際の後半40分でした。

セットプレーを中谷選手が頭で合わせ逆転。

この日2点目となる値千金のゴールでリードを奪います。

そしてついにタイムアップ。

テクニックで相手を圧倒する静学イレブンが頂点に。

24大会ぶり2度目そして初めての単独優勝を勝ち取りました。