成人式の前倒し開催が定着 「成人の日」当日の美容室は? 長崎

カテゴリ:地域

県内では自治体が主催する「成人式」は12日までに、すべて、時期を繰り上げして開催されています。

着付けや髪のセットをする美容室は、日程の変化による影響や時代の移り変わりをどう感じているのでしょうか。

記者「成人式当日ですが、美容室の中をのぞいてみると、通常のカットなどをしている方が多いようです。成人式のお客さまはいらっしゃらないようです」

成人式を、正月を含めて、三連休の中日の12日までに繰り上げ開催する自治体が増えるなか、長崎市でも6年前(2014年)から、「成人の日」の前日にあたる日曜日の午後に開催しています。

日程が変わったことで、長崎市の美容室でも成人の日当日の様子が変化しています。

美容室スタッフ「成人式の翌日ということもあって、結構、成人式終わりで、ばっさりカットされる方だったり、いつも通り変わらないお客様とか常連さんも来てくださる」

成人式が終わると、派手な髪の色にしていた人たちから、カットやカラーでイメージチェンジをしたい、学校や会社の規則に合わせて元の雰囲気に戻したいという予約が入るということです。

美容室スタッフ「最近、カラーも色々な色ができるようになっているので、発色もきれいになったり、前に比べて色々な色が増えました。青だったりとか赤だったり、それこそ緑とか。盛り盛りなスタイルというよりは色でみせるような形が多かったというのはありました」