伊方3号機 燃料取り出し準備で制御棒引き抜きトラブル【愛媛】

カテゴリ:地域

定期検査中の伊方原発3号機で12日、燃料を取り出す作業で核分裂を制御する制御棒一体を誤って引き抜くトラブルが発生しました。

四国電力や県によりますと、12日午後1時20分、定期検査中の伊方3号機で燃料を取り出すため、原子炉容器の上部にある燃料を固定する装置を吊り上げた際、48体の制御棒のうち1体が誤って引き抜かれました。

このトラブルに作業員が気づき、引き抜いた制御棒は午後6時45分ごろ元の位置に戻されました。

外部への放射線漏れはなかったものの、制御棒の吊り上げに重量センサーが反応しなかったということです。

伊方3号機はプルサーマル発電をしていて、使用済みの通常の燃料に加え、プルトニウムとウランが混合したMOX燃料も全国で初めて取り出す予定でしたが、遅れる見通しです。

四国電力は原因の究明を急いでいます。