長野県チームが力走! 都道府県対抗女子駅伝で過去最高の「4位」 一時、トップに…表彰台まであと少し

カテゴリ:芸能スポーツ

都道府県対抗女子駅伝で長野県チームは過去最高成績の「4位」となりました。

12日、京都で開催された全国都道府県対抗女子駅伝。中学生から社会人までの9人の選手がたすきをつなぎました。

 

長野県チームは1区の萩谷楓選手(エディオン)で6位につけ、その後、徐々に順位を上げ、4区では小林成美選手(名城大)がトップでたすきリレー。

 

その後、6位まで順位を下げましたが、8区で名和夏乃子選手(岡谷南部中)が区間2位の走りで3位まで挽回してたすきをつなぎました。

アンカーの細田あい選手(ダイハツ)は東京のアンカー・新谷仁美選手に食い下がる力走で4位でフィニッシュしました。

タイムは2時間16分37秒。去年の6位を上回る過去最高の成績です。